【体験コラム】自分のスペックを、上手に登録する工夫

バツイチ四十路、1年の婚活で幸せな結婚をつかんだ
Momoの涙と笑いの婚活コラム

結婚相談所を決めたら、まずそこに自分のことを登録します。

登録した項目をもとに、男女がそれぞれ希望条件を入れて検索するシステムなので、簡単に見えて実はとても大切な作業なのです。

 

住所や生年月日から学歴、趣味、身長・体重・血液型、初婚か再婚か…

IBJでは、長男長女かそれ以外か、自分家族との同居を望むか、子供はいるか、親権はあるかなども登録します。

「長男の嫁」「親との同居」「連れ子」など、『結婚に関わる問題』にもなりかねない部分をきっちりシステム登録することで、会う前に選択できる仕組みです。

 

お酒を飲むか、タバコを吸うか、という項目もあります。

お酒の項目で、『飲まない』にチェックしていると、こんなアドバイスをいただきました。

 

カウンセラー「あら、Momoさん、お酒飲めないんですか?」

Momo「飲めないわけではないのですが、あまり…」

カウンセラー「お酒が嫌いなのですか? 乾杯程度はどうですか?」

Momo「嫌いというわけではなく、量が飲めないんです。すぐ赤くなって…」

カウンセラー「お酒を飲むお相手は嫌ですか?」

Momo「いいえ、お相手が飲まれるのに付き合うのは楽しいです」

カウンセラー「それなら、『付き合い程度に飲む』を選択する方がいいですよ」

 

お酒好きな男性は、一緒に飲んでくれる女性を希望する方が多く、『飲まない』だと先方の希望から外れる可能性が増える。

お酒を飲まない男性は、たくさん飲む女性を敬遠することもある。

だから、「非常にお酒が好き」「まったく飲まない、飲めない」でないなら、『付き合い程度』にしておくことでお相手に選んでもらいやすくなる、ということなのです。

 

システムによる検索というのは、本当にドライです。

誕生日がくるまでは20代でも、日付が変わったその1日後には30代になる、つまりたった1日で『20~29歳』という検索から除外されてしまうのです。

 

残念ながら、年齢や婚歴は変えられないし、嘘の情報を登録することはできません。

でも、考え方しだいで自分のスペックを工夫して登録することはできるのです。

カウンセラーさんのアドバイスがなければ、気づかないことでした。

 

☆追伸☆ ちなみに、「体重」は努力しだいで変えられる項目です!

外見も、優しい笑顔の写真で好印象に!

 

みなさんが、ご自身にとって最高のパートナーと出会えますように…

パートナー探しのお手伝い、福岡の結婚相談所『リンクブライダル』
電話でのご相談・お問い合わせ
無料相談カウンセリング予約 福岡の結婚相談所「リンクブライダル」資料請求 お問い合わせ

関連記事